HOME
 > おいしさの秘密 > ドイツ伝統の製法

ドイツ伝統の製法

60余年にわたり、北海道の函館でハム・ソーセージ作りに情熱を注いだ、マイスター カール・ワイデル・レイモン。彼が伝えたドイツ伝統の製法は、脈々と受け継がれています。

彼が生まれ育ったドイツの農家では、昔から冬の間の保存食としてハムやソーセージを作っていました。そのためか彼は、「母親が子供に食事を作るときのような愛情と気配り」を食品づくりの信念としていました。「ごまかしがない」「手抜きをしない」ことを大切にしました。

函館カール・レイモンはその志とドイツ伝統の製法を継承しています。

こだわりの素材

もちろん素材へのこだわりも人一倍。厳選した良質な豚肉を使用しております。明るく光沢のあるピンクのお肉と白い脂肪で、よくしまり粘りがあるものがよい豚肉です。また、またロオルハム(ボンレスハム)の充填工程には、味わいと食感をより良くするため、ケーシングには希少でなかなか手に入らない豚の膀胱を使っています。

肉の持つ本来のおいしさを引き出す。
マイスター カール・ワイデル・レイモンの信念とドイツ伝統の製法を受け継ぎ、函館カール・レイモンの商品は、衛生的設備の中で1つ1つ丁寧につくりあげられています。

12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

赤色は定休日です。商品発送及びお問い合わせのご返答は休日明けとなります。

Take a walk with sausage
English繁体簡体